酒さの原因と治療法

「酒さ(しゅさ)」とは酒さ性ざ瘡や酒さ性皮膚炎とも言われ、赤ら顔などの症状。
海外の有名スターにも過去に酒さを患っていた事がある人が少なくないのです。
酒さの症状とその原因。
薬に頼らず、治療のために効果的なサプリも紹介します!

 

「酒さ(しゅさ)」というのは、赤ら顔になったり、乾燥肌、ニキビができる病気のことです。
日本ではあまり有名ではありませんが欧米ではとても有名な病気で
・故ダイアナ妃
・シンシア・ニクソン(セックスアンドザシティ)
・キャメロン・ディアス
・ビル/クリントン
などが酒さを患っていたそうです。
日本にも、酒さで悩んでいる方はたくさんいます。
ただの肌荒れとは違うので、清潔にしていれば治るというものではありません。
酒さの原因と、治療の方法はどういうものでしょうか。

 

酒さと”乳酸菌”の関係

そもそも酒さの原因はアトピーなどと同じで”免疫過剰”と言われています。
身体の中の有害物質を排出するために、免疫機能が過剰に反応してしまい、
皮膚表面からも毒素を排出しようとして、炎症などの症状がでるのが酒さ性皮膚炎と考えられています。
本来、身体を守るはずの免疫が過剰に反応しすぎて、自分の肌までも 傷つけてしまっているということですね。

 

では、その有害物質はどこから来るのでしょうか?

 

答えは”腸”です。
腸は食べたものの吸収を担っており、あらゆる栄養は腸で吸収されます。
腸の中には数兆個とも言われる細菌が生息しており、知っての通りこの腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいます。
悪玉菌は様々な有害物質を腸の中で発生させ、身体に不調をきたす原因をつくりだします。
この有害物質を抑えこむのが善玉菌の働きですが、食生活の乱れやストレスなどにより善玉菌の働きが弱まると、悪玉菌優位となり腸内環境が悪化します。
これによって有害物質が大量発生し、その対処のための免疫の過剰反応が酒さ性皮膚炎ということです。

 

よって、善玉菌の代表格である乳酸菌を摂取することで腸内環境を改善し、
悪玉菌の働きを抑えこんで有害物質を少なくすることが、酒さ性皮膚炎だけでなく全身の健康にとって極めて重要なのです。

 

酒さの治療に有効なのは

酒さやアトピーなどの原因は様々考えられますが、
これらの症状に共通しているのは、スキンケアクリームやローションなどでは、対症療法や予防にはなっても、根本的な治療は出来ないということです。
前述したように、そもそもの原因は身体の中から来ているので、身体の表面の皮膚にいくら対処しても、
体内の環境が改善されないかぎり、症状はなくなりません。

 

酒さ性ざ瘡の根本的治療のためには、体内環境の改善が不可欠です。
そのために、現在とても注目されている成分が乳酸菌抽出物LFKです。
普通の食事などでは中々摂取できない乳酸菌抽出物LFKは、酒さ治療剤の特許を取得している成分であり、乳酸菌にから作られる成分で腸内環境の改善を促します。
そして、腸内における異常発酵や免疫異常を抑制し、その結果酒さを治す効果があるとされています。

 

また、免疫異常を治すこと以外にも、LFKには腸内環境を改善させる力があります。
『腸内フローラ』という言葉を最近良く聞きますが、これは腸内細菌のことです。
腸内細菌に善玉菌を増やし、腸内環境を整えることは、健康維持、便秘解消、肥満防止、あらゆる病気の予防にとても効果的です。

乳酸菌抽出物LFKを配合するサプリメント

【カルグルト】

酒さ

 

1ヶ月分:8,000円初回のみ980円

 

『酒さ治療』専用に開発され、腸全体を考えて配合されたプロバイオティクス粉末です。
その他にも日本人の腸内環境を考え ビフィズス菌ビースリー ラクリス-S LAC343 ラブレ菌 など、5種類の国産の善玉菌を配合しています。
この5種類の善玉菌はそれぞれ働く場所が違うため十二指腸、小腸、大腸にバランスよく届くように設計されています。

カルグルトに配合されているそのほかの特許
2型肺胞上皮細胞活性剤(特許第5451703号)
色素沈着抑制剤(特許第4326905号)
血圧降下剤(特許第2889481号)(特許第2889491号)
酒さ治療剤(特許第2944662号)
抗アレルギー剤及びその製造法(特許第3040744号)
抗肥満剤として特許を取得(特許第 4834798 号)

 

カルグルトは日本人専用

腸内の乳酸菌は、遺伝などによって効果の高いものが変わるため、人種ごとに効果的な菌も変わることが知られています。
そのため、カルグルトは『健康な日本人の赤ちゃん』由来の乳酸菌を使用しており、まさに日本人専用のサプリメントです。

 

飲み方は水に溶かして飲むだけです。
また、味が美味しいことも口コミサイトでよく言われており、そこも人気のポイントだと思います。

 

今ならお得に買える

現在、お試しコースでは初回が980円、2回め以降も50%OFFの3,980円となっているため、
他の類似商品に比べてもコストパフォーマンスが非常に高くなっています。
(サプリメントは医薬品とは違って即効性を期待するものはなく、徐々に体質改善をしていくものですので、お試しでも定期コースである程度の継続をオススメします。)

 

カルグルトの詳細・購入は公式サイトでどうぞ♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

カルグルト

>>カルグルト公式サイト<<

お皮膚をいたわる、小さな恒例

冬の乾燥肌を防ぐ体の流しお客様

湯船から出て、石けんをタオルにつけてこすってしまうと人肌の脂を取りすぎてしまい、
人肌を傷付けてしまうので絶対にダメです。
湯船につかって温まった後に、綿のタオルで人体を洗うって、これが、乾燥肌に良くないんです。
お風呂に浸かっていると、皮脂が取り去れ、角質中に湿気が入るため、角質細胞が柔らかくなります。その状態で、タオルなどで洗うと、必要な、角質細胞まで剥がれてしまい、皮膚の湿気が、保持できなくなるのです。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?
それでは、洗う瞬間。お風呂に入って、とっとと湯船に入っては御法度。
必ずや、湯船に漬かる前に、人体を洗いましょう。そうして、すすぎお客様は、手で石けんをやさしく泡立てて、泡で、手でなでるように、してやさしく撫でるくらいで可ので、皆さんは、面構えを手で流しますよね。本当は人体も、これで、十分なのです。
メソッドは省略。前もって、石けんで泡を立てます。泡立て専用のスポンジを使うという、より泡立ちます。こういう泡で、なでるように、人体を洗うのです。
そもそも、冬季の汗・皮脂の容量は夏場の半分だ。この時期は、泡の、沈着器量だけで、変色は十分取り去れるのです。

 

湯船に浸かる前に洗う所作。
皮脂の多い箇所、意識、首、乳房、背中のメインから泡をつけて赴き、皮脂の少ない右腕は、最後につけて、とっとと、流す。しばらくしてから押し流すと、脂も流れてしまうから。
乾燥肌の場合は、簡単に出すだけで、湯壺に入らない。銭湯には、食塩など(塩・お茶・乾燥した植物も良し)を入れ、入ったあとは、石けんを使わずに、ただただ挙がる。
入浴後の、スキンケアは、油性の、湿気の蒸発を防ぐ軟膏を、とっとと附ける。

 

肌に優しい洗顔のコツ

肌に優しいクレンジングを行うには、いくつかのポイントがあります。
まず初めに、クレンジングのタイミングを見直してみましょう。普段入浴前にクレンジングを行うという方が多いかと思いますが、実は乾燥を招きやすいタイミングと言えます。
クレンジングを行った直後は肌の乾燥が激しくなっているため、なるべく早く保湿ケアを行う必要があります。そのため、入浴前ではなく入浴を終えるタイミングで化粧落としを使用し、入浴後に素早く化粧水や乳液を使ったケアを心がけると良いでしょう。入浴中は蒸気で毛穴の開きも良くなっているため、ニキビの原因となる白い角栓などもすっきりと落とすことができるというメリットもあります。
そして、選ぶ化粧水落としの種類にもポイントがあります。オイル・ジェル・ミルクなど様々な種類がありますが、敏感肌の方におすすめなのがミルククレンジングやジェルクレンジングといった、肌に負担の少ない製品です。
オイルクレンジングは汚れが落ちやすい反面、肌の乾燥などを引き起こしやすいため、ジェル・ミルクといった乾燥しにくく肌に優しいものを選ぶと良いでしょう。また、使用する際もゆっくりと時間をかけてマッサージしながら化粧を落とすよう心がけましょう。